眼精疲労に必要なケアとは

コンタクトの装着には時間厳守と適したケアが必要です。

理想的な装着時間は11時間で、つけていた時間分は休息を与えたいところです。
きちんと決められたようにケアを実行することが安泰なコンタクト使用のカギとなります。目の疲れを放っておくと、徐々に進行します。はじめに、目に軽い疲労感がある段階があります。
この状況が疲れ目の初期症状で、目の休息、十分な睡眠で回復します。
しかし、放置してしまうと目の負荷が発散されません。
遠方を見るより、近くを見つめるほうが、重要となるのが調節力です。

近見視力が低いということは、子供が自分の範囲内で作業をするとき、ピントが合わないのを無理に合わせることになります。そのため近見視力があまり高くない子供は、目の疲れ、肩こり、というような症状に悩みます。目に疲れが増えると、疲れ目への悪化のスピードが速くなります。
さらに、ケアを怠ってしまうと、眼精疲労へと進行してしまいます。
眼精疲労の状態になると、症状はそう安易には改善されません。
なるべく初期の段階で疲れ目をなくしていくことが重大なポイントとなります。長時間、同じ体勢のままでいると、眼球付近の筋肉と眼球内の筋肉が動かなくなります。
だから、筋肉に負荷がかかり、眼精疲労を起こすと考えられるのです。

眼球近くの筋肉と首の周囲の筋肉は全体の筋肉とつながっています。